Friday, 26 May 2017

at Rocket...Omote-sando

Labels SHOP ,STREET

DSCF5299 r_R

 

 

Hello, Team Tsukikageya!!  
It's Yukata brand directed by
Natuki Shigeta, at its pop up shop in rocket garelly

 

 

 

 

この間どこかで聞いて印象に残った言葉。

 

「これからは『マス・プロダクト』ではなくて

『コミュニティ・プロダクト』の時代になります。」

 

購入する人の顔が分からない、

大量生産(その背景の大量廃棄)の物つくりではなく、

まず作ったプロダクトに対し、

共感をうむコミュニティをコツコツ作っていく。

その母数(=しげたさんのクリエイションを支持してくれる人たちの数)

に合わせてプロダクトを作る、という方法。

 

月影屋さんは、アクがある。

好き嫌いも正直別れるかと思う。

ただ実際に、

これだけ支持されている理由って。

 

多分

明確でぶれない物を、明確なファンに提案する、というその姿勢

(特筆すべきは、とてもとっても粋な接客でもって)だと思う。

 

 

 

―――――――――――――――

月影屋 pop up shop at Rocket garally

 

time :5/26(fri)-5/31(wed)

venue: ROCKET garally 

more info: tukikageya

-----------------------------------------------------------------

 

Tuesday, 10 January 2017

at the shop...Wut

Labels SHOP ,STREET

dscf1088-rr_r dscf1094-rr_r

 

 

 

「ファッション好き!」ってのがもう、

ほとばしってる男の子、ぶんたくん。

 

He's high school student, Bunta-kun.

I really like his passion of fashion!so powerful and pureness!

 

 

好きなものを好きな風に着る、

やりたいと思った事をひるまずチャレンジしてみる、

その姿勢は(たとえトゥーマッチだったとしても)とても愛しい。

 

 

 

ファッションなんだから

正しく着る事が正解なんかじゃない。

間違ってないことが、いい事ってわけじゃない。

楽しく着ることが、一番大事。

楽しむことが、一番。

 

Monday, 7 November 2016

at the shop...WUT berlin

Labels SHOP ,STREET


dscf2899-rr_r

 

 

dscf2917-rr_r

 

 

I often heard bad news about japanese fashion,

like 'young people don't spend much money for fashion',

most of department and fashion building is getting worse for their bussiness,,,.

 

リトマス試験紙みたいだ、このお店は。

東京のファッションシーンがどういう方向に向かっているのかを

WUT berlinに行くと体感できる。

 

It's real indeed in Japan,

but if you focus on real street young power of fashion,

I'm sure there is something new age who will break this boring situation.

 

結論からいうと、東京ファッション(ストリートにおいては)

「とっても楽しい」

そして

「とっても元気」!!

 

 

「ファッションが好き!」ってキッズはいつもいつでもいるけれど、

最近のキッズのその絶対値はちょっとスペシャルな勢いがあるのだ。

 

私のリトマス試験紙は、それをダイレクトに伝えてくれた。

土曜の夕暮れから始まったちょっとしたパーティ。

 

 

 

 

「NACO PARISのデザイナーが来るよ、

ちょっとインスタレーションとか何かするとかかもだって」

みたいな感じのラフなインフォメーションに誘われて、私はお店にテクテク向かう。

(こういうラフさがとてもワクワクさせるのだ。

何が起こるかわからない期待と、

何が起こっても楽しめる確信を裏付けるものだから)。

 

 

 

キッズたちはキャッキャワクワクして集まってる。

そして彼らはとってもキラキラしてて。

 

 

Where you can find it?

Just come to this shop, WUT berlin.

(Sometime they make some fun cosy party at their shop,

I reccomend you to go at this timing !)

 

 

自分が好きな服を着る。

自分がいいと思うことをつらぬく。

世間との調和や、誰かの目線で自分自身を縛らない。

「自由」であることに対しての、腹をくくったその姿。

 

 

かっこいい。

とても。

 

 

 

 

***

ところで(ビジネス視点で見ると)

印象的だったのは

この集まりでは実際に「モノが動く」

というその事。

WACO PARISのものは勿論、

お店にある「クセのあるアイテムたち」を

愛おしそうに気に入って、持って帰る人達が沢山に、沢山にいるという事。

(みんなすっごく嬉しそうだった!)

 

 

パーティーの意味と目的、求める結果。

それが健全的にランニングしている好事例がここにあるのだ。

 

 

*************************************

WUT berlin

 

Add:5-1-15, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo. Japan 150-0001

Tel:+81 (0)3 3797 1505

Time: 11:00 – 19:30 closed irregularly

HP: wutberlin.com

 

 

 

Tuesday, 6 September 2016

on the street at night...Harajuku

Labels SHOP ,STREET

DSCF0860 rr_R DSCF0872 rr_R

 

 

Hello again and again ,Dasa-kun! 

(His last image is HERE.

 

原宿通り

(ところでこの通りのことを「とんちゃん通り」って呼ぶ人もいるけれど

実際どっちの名前がメジャーなのかは私は知らない。どっちなんだろう?)

をちょっと入ったところにあるお店BUNNYのレセプション。

Dasa君に久々に会う。

 

I'm a little bit surprised cos 

he changed his hair! 

Aflo one  is symbol of his style,

but anyway, I like this new one,too!

 

何が驚いたって、ヘアスタイル!

いつも触らせてもらうモフモフのアフロが

あみあみになってたこと!

(あの柔らかのモフモフには

触れなくなってしまったのは残念だけど

これはこれで素敵だ)

 

at opening party of BUNNY at Harajuku street.

Wednesday, 31 August 2016

at the shop...Cannabis

Labels SHOP ,STREET

DSCF3127 rr_R DSCF3134 rr_R

 

 

He's DJ T-kun,

wearing vintage CAZAR from his friend.

 

 

CANNABISに久々に遊びに行ったらリニューアルしてた!

2倍くらいの広さになって、

かつより「濃ゆい」お店になってて。

 

 

お店に来る男の子たちは

「ファッション好き!」って一目でわかる人が多い。

 

 

洋服を見てテンション上がって

ちょっと着てみてワァワァ盛り上がって

(そのワァワァがあまりに楽しそうだから

思わず話しかけちゃって、

一緒になってキャッキャしてしまった)

久々に

「お店でお洋服を買う事」の楽しさなんかを思い出す。

 

 

 

ネットでクイックに買えるものを

わざわざお店で買う意味って何だろう。

 

 

①「ファッションが好き」という同じ共通項を持つ人達と

すぐに近しい間柄になり、互いに繋がる場所になるという事。

そして

②服を買う、着るって行為の楽しさを、

その人達と一緒になって

2倍、3倍に膨らませることが出来るという事。

コミュニケーションはネットで買うことは出来ない。

 

 

ファッションに限らず

「楽しみ」は、

誰かと一緒に体験したほうが

多分絶対きっと素敵だ。

 

 

 

***************************************************

CANNNABIS

Add:GB bldg 2 F  2 5-17-14

          Jingumae Shibuya-ku Tokyo

Tel:03 57 66 30 14

Time: 12:00-20:00 

HP:  cannnabis

Sunday, 21 August 2016

at the shop...GIGINA

Labels SHOP

DSCF0932 rr_R DSCF0963 rr_R

 

Do you know GIGINA?

If you like beautiful & unique accesories,

I highly recommend this shop.

 

 

 

センスがいいなぁ、と思う人はそれなりにいるけど

卓越してる(「もうこれはかなわない」、って素直に感じられる)人って

そうそう出会うこともなく。

でも、出会ってしまったそれは数年ぶり?もっとぶり?

もはや覚えてないけど

久々に心の底から敬服しちゃう人に出会って。

 

She's owner of this shop,Megumi-san.

wearing miu miu dress, sonia boyajian  neckrace

and Joke Schole paper bangle. 

I'm sure she's women having special taste of fashion

that I've never been before. 

 

 

それがGIGINAのオーナー、めぐみさん。

彼女自身も、彼女のお店もすべてにおいて尊敬せずにはいられない。

 

 

美しいもの、本質なもの、そして他には無いものを、と

気持ちが求めているのなら、

私はここに行くことを心の底からおすすめする。

代官山は隠れた場所にあるスペシャルなお店。

 

 

 

 

 

※彼女の物語は、今発売中のFIGAROjaponで書いたので、

良かったら読んでみてください。

記事は コレ

Tuesday, 5 July 2016

on the street ...Harajuku

Labels SHOP ,STREET

DSCF0392 rr_R DSCF0399 rr_R

 

 

DEPT@vacantの前をてくてくしてたら

綺麗なブルーが目に飛び込んでくる。

 

 

She's Akari-chan,

shop staff of DEPT@vavant,

wearing vintage blue race tops 

and Mother's skirt.

 

 

 

あかりちゃん。

オーナーのeriちゃんのミューズだという彼女は

アンニュイな儚さを持つ女の子。

(とはいえ笑顔はとびきりにキュートだ。)

 

 

 

'It's fun to work this shop,

of course we're  vintage shop,but

also having garelly ,

so there are many  artistic inspirations

through it.' she told.

 

 

 

 

*****

ところで私はアンケートを毎回書いてもらうのだけど

最近この項目

「将来やりたいこと」、このスペース。

ここに書くと実現するんだよってウワサが

ちょっとだけ巷の話題になってたりする。

(それはまた興味深い事!

だったら私も書きたいけれど、

現実的にそれは無理な話だし。至極残念。)

 

 

あかりちゃんは最初空白にしてたけど

その話を聞くと

「あまり公言してないんですけど、、、」

とペンを取り出し何か書きだす。

 

 

 

見た目とはうらはらな内容に驚きつつも

ちょっとその内容で二人は軽く盛り上がる。

 

 

 

彼女の書いたある言葉。

それはまたいつかの近い未来にて。

Tuesday, 21 June 2016

at the shop..Spiral

Labels SHOP ,STREET

DSCF0152 rr_RDSCF0159 rr_R

 

 

Hello again , Yulia-chan

(Her last image is HERE. )

 

原宿のちょっとわき道をてくてくしてたらユリアちゃんに会う。

どうやらテレビのシューティング、そのまち時間。

 

I happened to meet her

during my street style shooting at Harajuku.

 

Spiral, プライベートでも良く来るの。

こういうの好きで、ちっちゃい指輪とかつい買っちゃう。

ちっちゃい時買えなかったのを

大人になって買う、みたいな。」

 

'I come here for CNN program recording.

I recommend some my fav shops in Tokyo.

Spiral is of course one of them,

I like kitsch toys, so I often come here in private.'

 

髪色を彼女はよく変えるのだけど

今回のの漆黒は本当に良く似合ってる。

 

そう伝えると

「ありがとう!みんなに結構評判良くって。

着る服が広がったし、何よりお手入れもラクなんだよねー」

って。

 

 

ユリアちゃん。

東京、この街を代表する女の子。

 

 

Saturday, 30 April 2016

at the shop...MARTE

Labels SHOP ,STREET

DSCF9388 r_R

 

 

at opening party of MARTE,

romantic vintage shop for women(not girl).

 

グリモワ―ルのひとみちゃんが

新しいお店を出すんです、というので

早速あたしはお邪魔する。

原宿、古いビルの2階。

 

Hitomi-chan(women in center ) has born 

the culture of 'Mori-girl',

girly, fairly ,romantic girl

wearing dreamy vintage clothes.

 

ドーリー系とか

森ガールと呼ばれたものだったり、

女の子の間である意味

カルチャーとも呼べる流れを作った彼女。

 

 

The shop she was working is

Mecca of these girls.

 

今の自分の気持ちに、

感覚に寄り添って作られたお店は

大人になった彼女のそのままを投影してる。

 

 

and now,

she started her new challenge at her new shop.

 

一旦リセット、新しいスタート。

彼女の次の挑戦は、

信頼できる仲間と一緒に。

 

 

おめでとう、ひとみちゃん。

 

人生における次の扉を

自分のその手で開いたあなたを、

あたしは心から誇りに思うよ。

 

Congrats and good luck,Hitomi-chan!

 

 

MARTE

 

Add:Villahase 202 6-6-11 

          Jingumae Shibuya-ku Tokyo

Tel:03 37 97 31 23

Time: 13:00-20:00 (Sat&Sun 12:00-20:00)

HP:  marte.jp

Friday, 4 March 2016

at the shop...CABan HAYAMA

Labels SHOP

DSCF0466 r_R DSCF0476 r_R

 

Hello my dandy, Sasaki-san!

He's CEO of tomorrowland.

 

 

ミスター・トゥモローランド、

佐々木さんの新しいお店が出来るんだって、ということで

オープニングにお邪魔する。

 

There was a opening party of his new shop,

CABaN HAYAMA at Marunouchi,

so I went there to say hello to him!

 

丸の内、というオフィス街とは対照的に

肩ひじはならに寛ぎのあるお店。気持ちがいい。

 

 

プレスの彼女が教えてくれる。

「佐々木がいうには、

南仏とかのビーチリゾートに船とかで着いて、

ホテル行くまでにプラプラ散歩してる途中で

ふらっと寄って、何かちょっと『いい』モノでも

さっと買えるようなお店みたいなのを

あったらいいなと思ったんですって。」

 

Congrats, Sasaki-san!

 

 

そういえば成熟した大人に向けて

「ふらっと寄って、何かちょっと『いい』モノが買える」

(この『いい』というのが結構重要)

って思い返してみるにつけ

ありそうでいて、あんまり無かったような気が。

 

大人の先輩や友達に、

おすすめしたくなるお店。

 

 

***********************************************************

CABan HAYAMA marunouchi

 

Add:2-2-3 Marunouchi Chiyoda-Ku Tokyo

Tel:03-3286-5105

HP:http://www.caban.jp/marunouchi/