Friday, 26 May 2017

at Rocket...Omote-sando

Labels SHOP ,STREET

DSCF5299 r_R

 

 

Hello, Team Tsukikageya!!  
It's Yukata brand directed by
Natuki Shigeta, at its pop up shop in rocket garelly

 

 

 

 

この間どこかで聞いて印象に残った言葉。

 

「これからは『マス・プロダクト』ではなくて

『コミュニティ・プロダクト』の時代になります。」

 

購入する人の顔が分からない、

大量生産(その背景の大量廃棄)の物つくりではなく、

まず作ったプロダクトに対し、

共感をうむコミュニティをコツコツ作っていく。

その母数(=しげたさんのクリエイションを支持してくれる人たちの数)

に合わせてプロダクトを作る、という方法。

 

月影屋さんは、アクがある。

好き嫌いも正直別れるかと思う。

ただ実際に、

これだけ支持されている理由って。

 

多分

明確でぶれない物を、明確なファンに提案する、というその姿勢

(特筆すべきは、とてもとっても粋な接客でもって)だと思う。

 

 

 

―――――――――――――――

月影屋 pop up shop at Rocket garally

 

time :5/26(fri)-5/31(wed)

venue: ROCKET garally 

more info: tukikageya

-----------------------------------------------------------------

 

Thursday, 25 May 2017

on the street...Saint Honore, Paris.

Labels STREET

DSCF1225 ヤスミン ハイネック 全身同色 紐 お気に入り r_R

 

 

She's one of my muse, Yasumin.

 

エキゾチックでエレガントで、それでいて少しボーイッシュ。

異なる要素が混然一体に融和され、

彼女ならではのスタイルになる。

 

何処にいても、何を着てても

「彼女らしさ」がそこにある。

 

 

Exotic, elegant and boyish.

 

スタイルのある人っていうのは

着る服のテイストが確立した人、というのではなくて

着る服を選ばない、人としての個性がある人なのかもしれない。

 

 

Wednesday, 24 May 2017

on the street...Harajuku

Labels STREET

DSCF5356 r_R DSCF5370 r_R

 

Hello again, Bun-chan!

 

原宿の交差点で会ったのはぶんちゃん

今日はスタイリストの仕事で洋服を探しに原宿へ。

 

 

This yellow outfit is from 'odd tokyo',

 blue flame sunglass is from G.V.G.V,

and the red bag is vintage.

 

odd tokyo'のデザイナー

(というかクリエイターという方がふさわしいかもしれない)

から頂いたセットアップを身に着けていて、

気持ち何だかクフクフしている。

 

'I come here to find some clothes for my client,

yes, now I work as stylist for one musician ,

keeping my study at high school.' 

he told.

 

好きなものを、好きな風に着ている時の

「嬉しい」とか「楽しい」が

もれ出ちゃってるその素直さが彼の何よりのラブリーで。

 

'It's sometimes so difficult and hard, 

but what I can do now is to try my best.' 

 

 

 

「好き!」に真っすぐ向き合って、没頭している人には

レンズが自然に向いてしまう。

 

Monday, 22 May 2017

at palais de tokyo...paris.

Labels STREET

DSCF6606 網 タイツ ピンク ストライプ シャツ ハイネック バック お気に入り ピアス r ジャケット_R

 

For me,

this is so interesting style.

 

This fishnet tights make  pop&colorful  styyle

slides the mode one, I think.

 

「美は細部に宿る」ではないけれど

ディテールが全てを司ることがある。

彼女の場合は足元、この黒い大あみの網タイツ。

本来ならばポップでハッピーな着こなしを

一気にグイッとモードにもっていく、というか。

 

 

この着こなしは何ていうんだろう、

「抜け感」でもなく「はずし」でもなく

新しいアプローチの違和感の出し方。

 

 

Sunday, 21 May 2017

on the street...Aoyama

Labels STREET

DSCF5255 r_R DSCF5243 r_R

 

 

She's my friend, Miki-chan, freelance PR

based in Tokyo,

weating IRENE one-pierce (that is one of her fav brand )

and TORTOISE sunglass. 

 

 

①安定した毎日を送るか、を右に

②心がワクワクする毎日を送るか、を左に

天秤の左右のお皿においた時

迷うことなく左に向かって傾いて。

 

 

I like her style, cos she always enjoy fashion,

and excite to improve her style all the season

by her own way. 

 

 

「そこからは早かったよ~、

すぐ社長と話をして会社を離れる事をお伝えして。

家族みたいにかわいがってもらってた会社だったし愛着もあるし、

第一大好きなクライアントと離れることは寂しかったけど」

 

 

She told she really love fashion,

also people who has the passion of fashion.

 

 

ふと3年後の自分を想像をした時

恐らく多分、今と同じことをやってるだろうなと

予想が出来た時に彼女が選んだのは「次に進む道」。

 

'Now I find  what I want is to  support what I like,

something like designer, craft man, and people who loves fashion.'

 

「レイちゃん、実際私何したい、とかは全然なくて。

突発的に「次」に行くときが来た、その事が解ったというか。

もちろん覚束ない気持ちはない訳じゃないけど

でも、今ね。毎日楽しい。」

 

 

涼やかに、そしてキッパリに「毎日楽しい」と断言する。

それってつまり最高だ。

 

 

 

何かを手放すのは、新しい何かを手に入れるための第一歩。

 

 

Wednesday, 17 May 2017

at Grand Palais...Paris

Labels STREET

DSCF2298 (1) ルードワイヨン デニム お気に入り かわいすぎ r_R

 

 

Hello,Caroline!

 after the show of Chanel.

 

華のある人、もしくはオーラ(=存在感ともいえるかもしれない)

のある人って2種類いると思ってて。

 

①オーラを周囲に「発信」し、あたりの人の目を引く人と

②「包み込む」ようなオーラであたりの人を振り向かせる人。

 

 

前者は見た瞬間に圧倒される。

後者といえば、

いつまでも忘れられない印象を、心に内に留まらせる。

 

The most important thing for me when I take a picture

is not what they wear, but  how they wear.

 

 

キャロリーヌを見たのは

確かシャネルのショーの後。

彼女は②「包み込む」ようなオーラで、

あたりを幸せな気持ちにさせる人で。

 

I'm really impressed with her way of wearing

this chanel' s iconic tweed coat.

So natural, and so relax,fit her real life(not for commercial).

 

Sunday, 14 May 2017

on the street at night...Shibuya

Labels STREET

DSCF5220 r_R

 

 

Hello again, Ofuku-san!

It was my high light of last busy busy week

that I happened to meet her(or ,,,him?) at Shibuya.

 

とかく仕事においては

さっさと話を前に進めたいタイプなのだけど、

(所謂「せっかち」、というやつだ。)

人との出会いにおいては

わりと偶然に身を任す方だと思う。

 

 Her(or him) last image is HERE.

 

会いたいな、と思っていたら

然るべきタイミングで然るべき状況で会えるものなのだ、と

経験がそれを担保している経緯もあるから。

 

It's so happy thing  for us to meet Ofuku-san,

cos she is the symbol of 'Happiness'.

They told she bring happiness and peace

at the place she come by.

 

話題のあのTRUNK HOTELの

オープニングのパーティに向かう途中、

(案の定、私は道に迷ってgoogole mapを凝視している)

おしろいの、誘惑的な甘い匂いを感じて

目を上げたらその先の彼女、おふくさん

 

also, if we had a chance to touch his hip,

we can  be promised to become happy and get peace. 

 

そろそろ会うのだろうな、という小さな予感が

現実になったその時の一枚。

 

おふくさんは、光と影の両方を孕む存在であって、

つまり現実的な(決してファンタジーではなく)幸せの象徴。

 

 

 

anyway Ofuku-san, I really happy to see you again 

&hope to see you soon!

 

 

彼女にまつわるもう一つの物語は コレ

Friday, 12 May 2017

on the street...Paris

Labels STREET

DSCF2450 ハイネック チャック ジップ ファスナー 全身同色 靴 銀 r. 小物 派手 _R

 

 

I like her navy & silver styling! 

 

何気なく背景と、人が偶然調和する時がある。

お気に入りの一枚。

 

Wednesday, 10 May 2017

Tips 61 ...Pants!

Labels STREET

DSCF5699 r ベルベット レース ジャージ お気に入り_R DSCF9099 お気に入り パンツ バランス感リラックス ヒール r_R

 

 

 

気持ちゆるめのパンツのサイズ、このバランス感。

実際最高だと思う。

Tuesday, 9 May 2017

on the street ....Harajuku

Labels STREET

 

DSCF5183 r_RDSCF5218 r_R

 

 

 

Hello hello, Bunta-kun!

 

街で撮影していると、しばしば相談を受ける日がある。

進路の事とか、これからの事とか、まぁ人によって中身は色々だ。

 

 

ちょうどこの日もそういう日。

久しぶりに会った彼は

やはりあることに悩んでて

アンケートを書いてもらった後

「レイさん。あの。僕…」と話し始める。

 

He's 19 years ,high school student.

I think he's one of the key person

that shows  NOW  Tokyo street. 

 

この1年で目まぐるしく変わった状況は

やりたい事と、やれる事、

やった方がいい(と、アドバイスされた)事を

混乱させてて。

 

(無理もないと思う。

大人の私でもこの状況になったら混乱する。)

 

Yes, Tokyo street scene is getting  better about the fashion

more than last years.I feel.

cos new generation is coming.

They like fashion,they like to show theirselves by fashion

like him! 

 

話を聞いて、一緒に考え

私なりの考えを伝えさせてもらい、。

(「あくまで一つの意見として」と前置きをして)

「じゃぁね、またね」とサヨナラをする。

 

 

***

His last image is HERE 

 

 

後日彼から携帯に届いたメッセージ。

雲間の間に出た太陽の

真っすぐの光のような

力強い、キッパリとした決意の言葉。

 

 

 

 

迷っているのは、「前に進みたいから」こその感情。

悩んでいるのは、「より良くありたいから」こその。