Friday, 19 January 2018

on the street...Paris

Labels STREET

DSCF2177 黒 黄色 サテン 気になる 素材 あやちゃん スタイリスト r_R DSCF2516 デニム 重ね着 シルバー 上手 靴 あやちゃん スタイリスト r_R

 

 

She's my friend ,Aya Fukushima,  stylist based in Tokyo.

 

I  really like her balance of mixture of textile, colors and items!

 

 

「『何』を着るかより『どう』着るか」

がストリートにおけるファッションを観察する

一番の楽しみなのだけど、

 

 

たまに

「この人は『何』を選ぶんだろう、

どんなアイテムをストリートというリアルに落とし込むんだろう」

って事に興味が向いてしまう人もいる。

(そういった人は大概において

「どう着るか」のエキスパートだ。

ある意味

「どう着るか」を遊びつくして

もはや次のフェーズに行った人、ともいえる。)

 

彼女もその一人。

スタイリストのあやちゃん

 

ストリートとモード、

エレガントとボーイッシュを

ミックスさせるそのセンス。

 

あともう一つ。

私にとって一番の彼女におけるチャームというのはは

ラグジュアリと自然体である、の

バランス感がとことんに卓越してる、という事。

 

 

 

Sunday, 14 January 2018

on the street...Paris

Labels STREET

DSCF1180 ムスク シャツ ネルシャツ 結ぶ スパンコール シルバー お気に入り この組み合わせ r_R

 

 

This is the style I wanna try  now!

Flannel plaid  shirts &spanky metallic skirt .fun!

 

 

 

「あなたがなにげなく生きた今日は

昨日死んでいった者が

あれほど生きたいと願った明日」

 

というフレーズが胸にいつも以上に刺さったりもしている

昨日、今日なんだけれど。

 

 

日々流れるままに過ごすんじゃなくて、

(あの人の分も)ちゃんと生きよう、と思った時に

「ちゃんと」って何だ、ってふと立ち止まり。

 

 

今この段階の「ちゃんと」について考えていくと、

 

(あくまでこれは私の意見。

人それぞれの違った答えや解釈があると思う。)

「きょうやるべきことに全力を尽くす」

ってことなのかな、と。

 

自分で決めた大小問わずの約束事や決めた事、

それを全力で取り組む、楽しんでいく。

そこなのかな、と。

 

大好きだった友達が生きられなかったその分も

ちゃんと、生きていこうと時分に誓う。

そしたら多分天国でまた会った時、

彼が喜ぶと思うから。

 

 

Thursday, 11 January 2018

on the street...Paris

Labels STREET

DSCF2251 柄 チェック しまうま 靴 スニーカー ダサい 靴下 ジルダ デムナの意図を汲むのが一番おいしい バレンシアガ r_R

 

 

Hello Hello GIlda!

She's one of my fashion muse.

I'm always inspired by her style.

 

ファッションにおいて恒常的に影響を受けちゃう人は

実際そんなにいないのだけど

でも彼女は特別。Gilda。

 

トレンドもちゃんと知りつつ

自分なりの解釈を加えて着こなしてて、

ブランドの服を着てても

彼女の存在の方が際立っていて、

何げない服だって彼女が着ると

とたんに気になるアイテムになってしまう。

 

 

yes, actually  now  what I wanna wear is this big plaid  jacket  she has...

 

 

と、言う事で

今私が一番欲しいのは、彼女のような

厚手のネルシャツっぽい、四角いこんな野暮ったいジャケット。

彼女みたいにしまうまスカートみたいなのもいいし、

レースのパンツなんかの柄×柄とかもいいし、

あっ!ゴールドのスカートなんかもいいかも、、、、!

そうだ、でもこれを合わせても、あれと合いそうかも…って

考えてるともうキリがない!

(そしてそういう時間が一番楽しかったりする)

 

 

私にとって彼女は

スタイリングのアイデアをどんどん導き出してくれる

いわばメンターみたいな人。

 

 

 

 

Wednesday, 10 January 2018

at Grand Palais ...Paris

Labels STREET

5 DSCF4964 ムスク 裸 ジャケット パンツ 重ね履き お気に入り デニム スラックス はだけ具合 トップスイン r_R_R 5 DSCF4972 ムスク 裸 ジャケット パンツ 重ね履き お気に入り デニム スラックス はだけ具合 トップスイン r_R_R

 

in Japan,

'Musk-kei'  is gonna be something like kind of movement

between mature  women.

 

昨今話題のムスク系女子

私の中での最もたるムスク系女子(in Paris)

は、圧倒的に彼女、Irina.

 

*****

What is 'musk-kei'?

it's new movement of fashion for the  women having passion of fashion,and

enjoying their life as they are.

Their feature are  sexy, tough, independent ,

having a depth as a person,and so fashionable  

****

胸元のはだけ具合、髪のツヤ、

このマルジェラのパンツのデザインの「危うい」感じ、

レンズを向けるとちょっと舌を出して

ふざけちゃう所とか。

 

 

I think Irina Is best of 'musk-kei' women  in Paris!

 

 

「ムスク系女子」というのはつまり、

女子が憧れる「色気のある女性」ともいえる。

Monday, 8 January 2018

on the street...Saint Honore. Paris

Labels STREET

3 DSCF1001 バレンシアガ ビッグシルエット シスター? お気に入り 柄 チェック r ツイン_R

 

 

I captured these lovely girls

in front of  BALENCIAGA,

they made me feel typical  'trend' style on this season.

 

 

 

①何を着るか と、②どう着るかの話を色々紡いでいる年明け。

(以前の話は コレ と コレ

②どう着るか、にフォーカスしてたけど、今日は①何を着るか、

について思うことなど。

 

 

********

 

①「何を着るか」 。

つまりそれは

トレンドとか、流行ってるアイテムみたいなものを

身に着ける、持っとく事の効用というか、

大事な役割みたいなのがあると思ってて。

 

(※ビジネスとして「トレンドアイテム=買うべきもの」

みたいに位置づけしておくことで

「持っていないことの不安」を刺激するから

売り上げにつながる、とか

そういうナマナマしいのは(笑)、まぁちょっと置いといて)

 

「服の力を借りる」

というのはよく聞く言葉。

 

大事なプレゼン、気乗りのしない月曜の出社、

気になる人とのデートなどなど

「大丈夫!」って気持ちと

「大丈夫かなぁ(もしくは、あぁヤダなぁ)」

って気持ちが行ったり来たりしてるとき。

不安(と倦怠)を打ち消す手段として洋服の存在ってある。

 

 

着ると背筋が伸びるジャケット。

履くとやる気スイッチが入る靴。

着ると「自信」に繋がるアイテムって、

みんなそれぞれあると思う。

 

 

「トレンドのものを着る」っていうのも

自信とやる気を引き出す一つのきっかけになるのだ。

 

 

トレンドに身を委ねて服を着ると

①(とりあえず着てるものに関しては)間違いはない、という安心感。

②「それいいね」ってから言ってもらえる、つまり他者承認が得られるから。

(お気に入りの服、とか勝負服はあくまで自己承認の範疇での契機付けだ。)

 

 

トレンドなんてチャラチャラしてて

薄っぺらい浅はかなモノだというのは勿論あるけれど

トレンドを身にまとう事が私たちに

「前を向く力」、「一歩踏み出すきっかけ」を

作ってくれることは確かで。

 

 

 

誰だって自分に自信が持てないときもある。

自分の価値観がぐらついちゃうときもある。

そんな時にはトレンドの力、

つまり「何を着るか」に頼ってみるのってアリだと思うし、

服の力を借り、自分の人生を頑張る人は誰だってやっぱり美しい。

(そして服好きとしては、頑張るきっかけにファッションがあったんだー、って

その事にすこぶる胸がキュンキュンします。

ファッション・ブラボー!って快哉を叫びたくなる!)

 

 

 

トレンドの役割。ファッションの役割。

考えれば考えるほど、

ほんとファッションに対する愛が深まって止められないので

今日はこの辺で。

 

 

 

Saturday, 6 January 2018

after the show...Balenciaga

Labels STREET

1 DSCF2916 ツイード 花 柄 あわせ ベルト パンツの丈感 マダム 貫禄 お気に入り r_R_R

 

 

 

①何を着るか、ではなくて②どう着るかに

ストリートで見るファッションの方向性は

移動してきている、って話は昨日に少しさせてもらって。

 

 

このマダムを撮らせてもらった時にも

その考えはおそらく多分、間違えてもなさそうだ、と確信をもった一枚。

 

ツイードのジャケット(あえて言えばスリーブレスというのは少し

「普通」の範疇ではないかもしれないけれど)

花柄のブラウス、編み上げのブーツ(革の馴染み方を見ると結構お手入れされて

年季を重ねた雰囲気だ)、

アイテムのそれぞれは基本ベーシックなもの。

オリーブグリーン、茶色に黄色、色合わせも奇をてらったものではない。

 

パンツの丈感、バランス感も「トレンド」とか「今っぽさ」を追ったものではないのもわかる。

 

 

当たり前のアイテム、定番のスタイルを

自分の「今この段階の価値観」において

UPDATEする事。

新しい視点で定番を見直し、

その上で新しい着こなしにチャレンジという事。

 

 

「どう着るか」を追求することは

自分の価値観と向き合い、更新させていくこと。

 

 

撮らせてもらう時に感動してしまうのは、

着こなしのその奥にある、

彼ら彼女らのファッションへの向き合い方、

つまり

自分自身に向き合う事への真摯さ、そしてそれを楽しんでいる

姿勢なのかもしれない。

 

 

 

 

Friday, 5 January 2018

on the street....Hotel de ville ,Paris.

Labels STREET

DSCF0189 おきにいり アーミー レイヤード バンダナ メンズ r_R DSCF0189 おきにいり   より アーミー レイヤード バンダナ メンズ r_R

 

 

ことファッションの着こなしにおいては大きく2種類にジャンルというか

傾向が分かれると私は街で撮ってて、そう思う。

 

一つは

①「何」を着るか、の流れ

 

ーーーそこでは今流行ってるブランドのもの、

とりわけにその中でもイットアイテム、

あとトレンドの形(例えばビックシルエットとか)を

持ってる(着てる)って事がポイントになる。

 

 

 

もう一つは

②どう着るか、の流れ

 

----そこでは色あわせだったり、柄×柄のミックスの仕方

(例えばこのムッシュでいうと、

ジャケットの迷彩×首元のバンダナとかであったり)

固定概念を飛び越えたアイテムの使い方

(このムッシュみたいに

中に着た迷彩柄のジャケットを、あたかもシャツと見立てて

着ちゃうかのような)。

ディテールでいうと

シャツとかだとボタンをどこまで開けるか、

袖口のめくり方、バックの持ち方、

着るに当たってニュアンスやセンスが必要になるもの。

 

 

ここ暫くファッションの世界は①の流れが大きかったんだけど、

最近②の方向性の流れに気運があって。

 

 

個人的にはすごいこの流れは嬉しくて。

もう今すぐカメラ片手に外に出て、

ストリートに撮りに行きたくなってしまうほど。

 

 

 

ファッションはまた新しい潮目にいるのだと思う。

 

 

 

 

 

Sunday, 26 November 2017

Kikonas X Rei Shito

Labels STREET ,WORK

t_10_02_kv

 

I'm so happy to announce 

my paris street style photos are now on Kikonas.com

I hope you can enjoy fashion and find the style you wanna try on this season .

 

Kikonasさんで

シトウレイのParis Snap

~パリで学ぶ「似合う」の極意 vol.2

が掲載されています。

 

パリで撮らせてもらった

私がお洒落だな、と思う女の人達の

着こなしを、自分内の解釈を加え紐解いてみました。

「似合う」を見つける

ヒントになったら、なによりなにより、です。

 

記事はコチラ

 

Check it out!  HERE

also, my interview page on this site is HERE.

 

Kikonasさんでのインタビュー記事は コチラ

 

Thank you!

ありがとうございました!

Wednesday, 25 October 2017

at Senayan City Mail...Jakarta

Labels STREET

FullSizeRender_R

 

 

Selamat pagi(good morning), Jalarta!

 

セゥラマット・パギ(おはよう)、ジャカルタ!

 

It's my first time to go to Jakarta,

so I'm really exciting to explore this city!

 

人生初のジャカルタ、そしてこの国のファッションウィーク。

どの都市にもそれぞれのカルチャーの違いはあるけれど

この国は特に今までの価値観や文化との違いが色濃くて、

ファッションにもそれが立ち上ってくる。

 

 

I happened to find  these colorful Muslim women

at Senayan city mail after the show.So cute!

 

 

知らない世界を知るのは、単純に楽しい。

自分とは異なった価値観に触れ、

その背景を学ぶのは

とてもワクワクすることで。

 

 

ファッションウィークのショーの後

モールの中で撮らせてもらった一枚。

 

女の子はいつだって無邪気でかわいい。

Sunday, 15 October 2017

after the show...Undercover. Paris

Labels STREET

DSCF2155 お気に入り マダム 原色 ずらし 男前 レース ワンピース チェック 柄 r_R

 

 

 

After finishing the show of Undercover.
 
 
 
 
パリにいると感じるのは、
この街は大人の女性が心から自分自身を楽しめる場所なのだ、
という事。
 
 
Undercoverのショーを見に来てたマダム。
 

Traditional jacket with lovely one-pierce, and sporty items like sunglass,
leggings and fanny pack.
Yes,I really like this madame's mixture style!
 
 
もうこのミクスチャー感といったら!
ファッションにおいてに
枷(かせ)や柵(しがらみ)がない着こなしを見ると、
本当に本当に感動する。
 
 

 

 

 

撮らせてもらったその後は

思わず小さくガッツポーズ。