Sunday, 22 April 2018

FIGAROjapon X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

6月号_表紙B_再入稿0409_2

 

 

 

(本文より)

 

「ベーシックを究めるこ とは、自分自身と向き合うこと、

自分自身に敏感であ ろうとすること。

そして、いま持っている価値観を俯 瞰で確認していくことだ」

 

 

My monthly page at FIGAROjapon is out!

 

ということで今月のFIGAROjaponさんでの連載

「TOKYO DAYS シトウレイの東京見聞録」

では「べーシック」とは何かということを

考えてみました。

 

 

This time, I think about 'what is basic'.

I interviewed Junpei Seki, 

specialist of 'basic'.

 

 

ファッション・インプルーバーのせきくんに

聞いたベーシックは、

私の今までのベーシックの概念を変えるものでした。

 

 

Check it out! (P46)

ぜひ読んでみてください。(P46) 

 

Thank you!

ありがとうございました!

Tuesday, 10 April 2018

PERK magazine X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

51X8HtP3B3L._SX396_BO1,204,203,200_

 

 

 

I'm so exciting to share this page

that I'm featured on first page of perkmagazine on this issue!
I told about my memorial shopping

at chanelofficial shop at rue cambon at Paris,

that was so amazing experience in my life.

4月12日発売の perkmagazine の特集は「忘れられない感動のお買い物を!」。

 

巻頭ページで、インタビューいただきました。

人生における忘れられないお買い物。

 

chanelofficial のマトラッセにまつわることをお話させてもらいました(P36)。


実際お出かけして、お買い物するっていうのは
「モノ」だけを買うだけじゃなくて、
「体験」を買うこととセットになっていて。


それが「忘れられない感動」をうんで、

買ったそのものを生涯大事に使う契機をうむのかな、と思ったり。

 

 

Check it out!
良かったら読んでみてください。

 

 

Thank you!

ありがとうございました!

 

Tuesday, 10 April 2018

TOKYO STREET STYLE x Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

tss-cover

 

 

I'm so happy to share 

I'm featured  on 'Tokyo Street Style' !

 

 

TOKYO STREET STYLE」に

特集が組まれています。

 

I told about Tokyo's street style and my own style.

 

東京のストリートシーンについて、

私自身のファッションにおける考え方やスタンスなど

インタビューをしてもらいました。

 

 

Check it out&Hope you like it!

It's HERE

本はコチラ

 

Thank you!

ありがとうございました!

 

Tuesday, 20 March 2018

FIGAROjapon X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

5月号_表紙A_入稿_2

 

 

My monthly page at  FIGAROjapon is out!

 

(本文より)

「サスティナブル」という価値観は、そのスマートさが私たちの心をとらえてる。

自分がだれに、何をいくら払って所有しているかを知ることが賢さであって

その巣アートな考えこそが、いまの時代の「かっこよさ」だから。」

 

This time, I featured 3 brands that made lovely re-make items,

and think about 'sustainability in Tokyo fashion market.

 

ということで

3/20日発売のFIGAROjaponさんでの連載、

「TOKYO DAYS シトウレイの東京見聞録」では

2018年の東京のサスティナビリティについての物語です。

 

 

Check it out! (P60)

ぜひ読んでみてください(P60)

 

Thank you!

ありがとうございました!

 

 

 

Monday, 5 March 2018

Fashion Ryoku X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

FR38H1 (1)_R

 

 

My column at FashionRyoku is out!

 

 

Fashion力さんでの連載

「こんにちは!シトウレイです」

が掲載されています。

 

This time, I featured 

new generation I could catch 

at Tokyo street.

 

Yes!

It's 'post fast-fashion generation ' 

 

 

今回は

「ポスト・ファストファッション世代が表れた!」

というタイトルで

20歳前後のキッズたちのファッション熱の高さに

注目してみました。(P20)

 

Check it out!(P20)

 

also,you can read it HERE

 

コチラからも読むことができます。 

 

 

ありがとうございました!

Thank you!

Saturday, 20 January 2018

FIGARO japon X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

3月号_表紙_入稿_2

 

 

My monthly page at FIGARO japon is out! 

 

This time, I featured new trend beyond 3rd wave coffee one.

 

(本文より)

「『日本文化の再生屋』として名を馳せた彼が

新しい挑戦を始めたんだって……、

ということでお邪魔したのは幻々庵。

渋谷の宇賀川町にあるお茶のお店は、

いい意味で旧来のお茶の世界のイメージを覆す。」

 

 

Yes, it's time of Tea,

I talked  and discussed with  key person of this movement;

Mr. Maruwaka,

who is in the center of this new movement

 

FIGARO japonさんでの連載

「TOKYO DAYS シトウレイの東京見聞録」、

今回は現代のストリートカルチャーと

日本の伝統文化に精通した彼にまつわる物語。

 

 

Who is it?

Check it out my page at FIGARO!

 

彼の名は、丸若さん。

もう一回会いたいな、

も一回話を聞いてみたいな、と思う人でした。

 

 

読んでもらえたら、嬉しいです。

 

 

 

Thank you!

ありがとうございました!

Wednesday, 25 October 2017

FIGAROjapon X Rei Shito

Labels BOOK ,WORK

figarojapon-201712-w700_R

 

 

My monthly page at FIGAROjapon is out! 

This time I feature Natsuki  Kita ,who try to change lingerie scene in Japan.

Check it out! (P47)

 

(本文より)

靴下がモードなファッションアイテムとしてその立ち位置を確立したように、

ネイルアートがファッションとリンクしてきたように。

かつてファッションと距離があったものが、

ある瞬間からお洒落がアイテムとして認知されるようになってきた。

 

今、ランジェリー業界が革命前夜にある。

 

 

という事で今回は

ランジェリー業界のジャンヌダルク、

il Felino のプレスであり、

Team Lanjeri-のプロデュ―サーである

夏樹ちゃんにまつわる物語。(P47)

 

 

是非、読んでもらえたらと思います。

 

Thank you!

ありがとうございました!

 

Tuesday, 18 October 2016

GINZA X STYLEfromTOKYO

Labels BOOK ,WORK

233

 

My pages at GINZA magazie is out!

Check it out real street trend

 from Paris! (P220-225)

 

今発売中のGINZAさんで

「シトウレイは見た!

パリのお洒落猛者に真鍋

コーディネート大作戦(後編)」

が掲載されています。(P220-225)

 

also, I was contributing with 

JINSxGINZA special page as model (wow!) 

(P264)

 

もうひとつ!

「8人のイット・ガールが共演

メイクはメガネで完成する」

にモデルとして参加してます。(P264)

 

Check it out &Thank you!

 

 

ありがとうございました!

 

Saturday, 17 September 2016

GINZA X STYLEfromTOKYO

Labels BOOK ,WORK

576_o

 

I' m really happy to share

STYLEfromTOKYO contributes with GINZA magazine on this issue.

 

 

今発売中のGINZA

「シトウレイが見た、秋のトレンドをスナップで斬る」

が掲載されています。(P218-225)

 

 

I show off runway from Paris fashion week,

GINZA magazine featured  one curious  thing;

What I captured at last season in Paris

is now on trend at this season!

 

「昔はコレクションで発表された新作の影響は、

半年か一年後になって世の中に広がるものだった。

しかし今はSNSNの世の中。

情報はランウェイからだけではなく、ストリートからも発信され

あっという間に拡散していく。

パリでシトウさんが見たものは、

まさにランウェイとシンクロするこの秋のトレンドそのもの!

これぞリアルなオシャレの参考書ですぞ!」

 

Check it out!(P218-225)

and more, we have more contents to share,,,,

Acuually they' re too much to up on this issue,

Don' t miss  out next issue! 

 

今回やらせてもらったこのページたち。

サブタイトルにあったこの文言を発見したその時、

私は、コツコツ続けていたストリートでの撮影で

自分が伝えたい、シェアしたいって思ってたことが

正しくまっすぐ思いのそのままを理解された、と思いました。

(誤解を恐れずにいうならば

「ストリートスナップ」にまつわる諸々には

沢山の誤解が今存在します。)

 

 

今のこの時代におけるファッション。

ランウェイに影響を与えているのがオフランウェイ、

つまりストリートにあるという事実。

 

ストリートのファッションのエキスパートが

注目している、身に着けてる物は

次のトレンド(ランウェイでの)になる。

それが、「今」です。

 

 

ぜひ、お手に取ってもらえたら!

 

 

 

Than k you!

ありがとうございました!

Tuesday, 30 August 2016

What I read...匿名交叉

Labels BOOK

kyy_R

 

「匿名交叉」 降田天:読了。

 

最初はドラマ化されやすいような
トラブルが後から後から降って湧いた系のエンタメ小説かなー、とか思いきや(これはこれで結構スキですが)、
後半残り70パーセントくらいすぎたところから怒涛の展開。

 

 

とにかく、とにかくそれまでに張り巡らされら伏線の数々が
一つの大きな線に収斂されてく

そのパズルのピースがピタっとはまっていく具合は気持ちがいいのだけど、
でもどうにもやるせない。なんせともかく救いがない。

 

 

小さな出来心やちょっとした悪意はそれぞれにささやかなのだけど、
結果これ程までに希望のない、痛ましい結果になってしまう。

 

強く糾弾するほどの罪を誰も犯していない。
とはいえ一人の人生を台無しにしてしまった罪をそれぞれが持ってる。

 

物語は結末を迎えず、「過程」の途中で最後のページを綴じることになる。。

本を閉じてちょっと考えこんでしまう。
何が、どうしてたら、いつ、誰が、どうしてれば、こうならなかったのか。
散々にシュミレーションしてるうちに当然の事実突きつけられる。
「たられば」は意味がないのだ。
小説世界の物語においても。そして現実においても。

 

エンターテイメント小説でもありつつ、
心の奥底の真理を問う文学的な側面もある物語。

 

著者は作家ユニット(鮎川颯さんと萩野瑛さん)ていう形態も含め、
なんかすごくこの作家さんが気になる&もっと読みたいって興味を感じる人たち。